「よかったら、一緒に食べない?」

中学一年の春。教室でひとりお弁当箱を開いた私を救ってくれたのは、彼女の声だった。


「私、辻井(つじい) 佳乃(よしの)。道木さんも、あっちで一緒に食べない?」


高い位置で後ろにまとめた真っ直ぐな髪。その髪の毛の先が、顔を傾けて微笑んだ彼女の肩で揺れていた。


そのときの私が、どれだけ驚いたか。

佳乃だけが見たはずのそのときの私の表情がどんなだったか、今はもう確かめることができない。


中学に入学したあと、特に仲のいい友達もできず。

かといって、自分から話しかける積極性も持ち合わせていなかった私。

朝から放課後まで、お尻が椅子に張り付いたかのように自分の席に座ったまま動かない私に唯一声を掛けてくれた人。


それが、辻井 佳乃。

クラスの委員長だった。