とか言って?


そう言葉を発しながら、大翔先輩は私の髪に触れた。





「…もう、ダメですよ。」


大翔先輩の手を払い、冷たく言う。


ちぇっと、そっぽを向く先輩は反省の色が全く見えない。




「まあ美羽から来るよ」

「え?」


「美羽から、俺を求めるようになるよ」




「…なりません」



嘘、だけど。

今でも、触れられていた部分が妙に熱いし。





「最後のキスにしとく?」


私の顎をいやらしく持ち上げる大翔先輩に、胸が高まってる。



「最後、ね」



言葉を言い終わる前に、熱い熱い、キスを落とされた。