俺がやることを終えて帰ろうとした頃、
てっきり学校には誰もいないと思ってた。





すると、突然後ろから「リョウタ」が声をかけてきた。



そう。1000メートル走で唯一、俺に勝った奴=永遠の宿敵だ。







「神原か!今日はお疲れっ!」



「……ああっ!おっお疲れ(笑)」





いつになくリョウタは毎日元気だ。



陸上部のエース、おまけに生徒会役員もやっていたのだから真面目なのは確か。





ちょっと…おっちょこちょいだけど。




この作品のキーワード
姉御肌  姉御  吹奏楽部