~5分後~

グズッ ヒック ズズッ

「ぐ、首゙…いだい…。」

「だいじょーぶか、海斗。」

「…らんちゃんもさぁ…。」

苦しむ海斗。

心配するさっぴ。

呆れるあたし。

そして…

「いいかげん泣きやんでよ~!」

泣くらんちゃん。

「だっで瑞希が…あたじから放れでぐ~!」

「放れないよ、あたしはらんちゃん大好き。」

「海斗よりも?」

「うん!」

「え、ね、ちょ、瑞希…。」

「ていうか、海斗とらんちゃんに対しての好きはやっぱり違うかな?」

「え?」

「らんちゃんは全てを含めて…好き?女の子、全人類をまとめて好き?」

「ふんふん。」

「海斗は恋愛目線…た、たとえば!その…付き合ったり、とか。そー…、そういうの…したい、とか。」

「そーいうのって?」

すると海斗は顔を近づけて…

リップ音無しに、軽くキスした。

「ちょ!」

そう思ってさっぴ&らんちゃんを見るとー…

らんちゃんは地獄に落ちた顔をしてる。

さっぴはー…目ぇ逸らしてますけど、顔赤いよ。

「こーいうの?」

あたしもパクパクして、海斗はニヤニヤしてる。

「………こーいう、の。」

「うわあああああああああああああああああああん!!!!!」

「海斗ー、あんま蘭名にショック与えんなよー。」

「こーいうさぁ、可愛い瑞希を…海斗にとられちゃうよぉ!!あたしの知らない可愛い瑞希が、いっぱい…いっぱい、海斗だけが知ってる瑞希がいっぱい…。」

「そりゃね?久瀬には見せられない瑞希がいっぱいいますよー!俺だけの瑞希!」

「らんちゃん、その代わりらんちゃんしか知らないあたしもいるよ?」

「え!」

「え?」

「たとえばー…、更衣室ん中とか?プール?その他いろいろ…?」

思いつくまま『女子の特権』をあげてみる。

海斗からツーッと鼻血らしきものが出た気がするけど気にしない。

「瑞希~~~…。」

らんちゃんにぎゅーっとされる。

「だいすき。」

「あたしも。」

「だいすき。」

「あたしも。…ごめんらんちゃん、熱い。」

「瑞希また風邪?病み上がり?」

「うん、たぶん。」


「違うよ、瑞希は~」

らんちゃんから、ぐいーっとひっぱられ海斗へ移動。

また、海斗から…ぎゅっ…と抱きしめられて…、ほっぺにちゅ。

しすぎじゃない?


「恋の病!」

ニコって悪戯そうに笑う海斗。

「…幸せにしてよ?」

らんちゃんがまた目に涙を溜める。

「バカとバカが付き合って、バカップル誕生か。」

呆れたようにさっぴが笑う。




君の誘惑で心臓がドキドキして

慣れない雰囲気に頭がクラクラする

大きな愛から生じる熱に浮つき…

あたしらしさが保てない


それでもいいの

あなたと共にいれるなら…


「恋の病…上等。」



やっぱりしばらくの間



あたしは恋のカゼヒキサン。




☆END☆