「まだ、少し冷えるね」

そう言いながら孝太郎は腕を組んだ。

「そうだね。ちょっと油断すると風邪ひいちゃうよね。季節の変わり目って」

加菜は自分の腕をさすっている。

「加菜ちゃん、寒い?」

「うん、ちょっと。今日は初めての人に会うからね、かわいい服が良かったんだぁ。そしたら薄手の服になっちゃった」

加菜が照れながらそう言うと、孝太郎は、

「ははは。オシャレしてきてくれたんだ。そういうの嬉しい」

と爽やかに笑いながら、自分のジャケットを脱いで加菜に着せた。

「あ、ありがと……」

ジャケットから、孝太郎の体温が伝わってくる。

加菜は自分の顔が赤くなっているのがわかって、うつむいた。

「孝太郎くん寒くない?」

「俺は丈夫だから」

この作品のキーワード
純文学  シリアス  禁断  純愛  准教授  切ない  年の差  じれじれ  海野かもめ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。