明後日は、阿久津准教授の歓迎会だった。

短大近くのカフェで、午後のお茶とデザートを楽しむことになっている。

奈緒は、阿久津とデザートがどうしても結びつかなかった。

女子学生と一緒にデザートというより、一人で静かにブラック、という感じだ。

……そういえば。

あの時、先生もケーキを食べたのだろうか。

あのきれいな女性と。

奈緒の部屋には孝太郎と一緒に選んだパステルブルーのワンピースが掛けてある。

それを見るたび、ついため息が漏れる。

仲良くなれたらいいな、と淡い期待を抱いていたが、あれはおそらく奥さんだろう。

自分など入り込む余地はないのだと、思い知らされた。

奈緒はもう一度大きなため息をつくと、自分の頬をパンパンと叩き机に向かった。

この作品のキーワード
純文学  シリアス  禁断  純愛  准教授  切ない  年の差  じれじれ  海野かもめ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。