バイトが終わり、金木犀を出る頃には10時を過ぎていた。

君島の言葉が頭をもたげて、そのまままっすぐ帰る気になれず、住宅街の中にある公園に寄った。

公園の中は、周りのマンションの明かりや街灯で、かなり明るい。

奈緒はブランコに座りながら、缶ジュースを飲んでいた。

まだ中身が残っている缶を地面に置いて、ブランコを漕いでみる。

風をすぅっと切る感じが心地いい。

ブランコを漕ぎながら、君島の言ったことを考えてみるが、見当がつくはずもなく、ただ風を切り続ける。

そういえば。

幼い頃、ブランコに乗るとき、よく祖母に背中押してもらった。

いつも「よいしょ」と掛け声をかけながら背中を押してくれた祖母の声が、ぼんやりと蘇る。

祖母が亡くなってからというもの、涙腺がゆるくなってしまい、祖母のことをなにか思い出すたびに目頭が熱くなった。

ブランコを止めて、缶ジュースを一口飲む。

その時、視線を感じた。

この作品のキーワード
純文学  シリアス  禁断  純愛  准教授  切ない  年の差  じれじれ  海野かもめ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。