向かってる途中で誰かが体育館裏から出てくるのが見えた。



「あいつ‥相澤?」



相澤がこっちに向かってきた。


その時相澤が俺に気づいた。


「そっ、颯太くんっ‥」


明らかに動揺している相澤。



「ここで何してんの」



「えっ‥いや別に何も‥」



「‥‥‥愛華に何した」


愛華の名前を出すと相澤は肩をビクッとさせた。



俺はそれで確信した。