ご飯を食べてお風呂に入り、髪の毛も乾かさずベットに寝転んだ。



目を閉じれば颯ちゃんの笑顔。



「私やっぱり颯ちゃんが大好き‥」



もうこの気持ちは止められない。


颯ちゃんに告白‥したい‥。



告白‥‥



告白‥!?



「‥‥あぁっ!純から告白されたんだった‥!」


すっかり今の今まで忘れていた。



告白されたのは颯ちゃんが保健室に来るちょっと前。