私は午前中ぼーっとしながら過ごしていた。


加奈も大体は悟っているのか、私がぼーっとしてる理由を聞いてこなかった。




昼休みになり、私は隣のクラスの梅川くんに呼び出された。



「急に呼び出しちゃってごめんね」



「ううん、いいよっ」



梅川くんは最近何故かよく話し掛けてくる。
こうやって呼び出される事もしばしば。
話すときは決まって屋上。


特に何をする訳でもなく、ただ他愛ない話をして終わり。