「愛華~」



まだ夢の中のあたしにかけている声


毎朝聞く声



「おーい、起きないと置いてくよ?」



「ん‥あとちょっと‥」



まだ寝かせてよ~



「‥っち」



どこからか聞こえた舌打ち



「お前まじで起きないと襲うよ?」



「ひゃあっ!‥無理です無理です」



あたしは飛び起きた。