「ちょっ!颯ちゃん急に何!?」


私がいくらそう問いかけても一向に答えない颯ちゃん。


ガラッ


颯ちゃんは空き部屋に入った。



「‥っ‥」


そして何故か壁に押し付けられる私。


とりあえず近いっ‥!



「お前の好きな奴ってあいつ?」


「はい?」


「だから、梅川なのかって聞いてんの」


「いや、違うけど‥」


「は?違うの?」


「違いますけど‥」


「っち‥んだよ‥」


舌打ち!?


私なんか悪いことしました?