俺はトイレをすまして中庭に戻ろうと、来た道を引き返した。



戻る途中、廊下の真ん中でカップルらしき奴らが抱き合っていた。



「‥んだよ、通りにく‥」



俺は小さく舌打ちしてなるべく存在を消すように静かに歩いた。



「‥‥っ‥ぐすっ‥」


そのカップルの女の方は泣いているようだった。



「‥大丈夫か?」


男の方が女に話しかけ、女が顔を上げた。



その瞬間見えた顔。









‥‥愛華と梅川だった。