ある晴れた日の午後、部屋のソファーで寛いでいると、廉がにこにこしながら私に近づいて来て、隣に座った。


優乃、知ってる?
チョコが口の中でとろける快感は、
キスの4倍なんだって。


そう言って廉は、私にチョコレートを差し出した。


「え?何?」

「試してみようよ。ほら。」


私はきらきらとした廉の眼差しに負けて、チョコレートを口に含んだ。


「どう?」

どう?って言われても、普通に美味しいチョコレートなんだけど。

それ以外の何物でもないんだけど。


「んー、別に。普通に美味しい。」


そう言うと、廉はちょっと不機嫌そうな顔になった。


「俺が聞きたいのはそういうことじゃなくて。」


この作品のキーワード
キス  いちゃいちゃ  チョコ  甘々 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。