美樹「ふわ~…」


よく寝たな…。 それにしても今までどの先生もあたしを起こさないとか、どれだけ緩いんだ、この学校。


それとも、


あたしが、見えなかっただけ…?


って、そんなわけないよね(笑


ま、そんなことどうでもいいか。 


あたし、


勉強しなくても大丈夫だしね~。


慧「大きな欠伸だな」


美樹「うわっ」


突然、横から慧が登場した。


びっくりした……。

この作品のキーワード
暴走族  逆ハーレム  女総長        美少女  イケメン 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。