「詩乃さん、

 可愛いお客さまがいらっしゃったので、

 お茶をふたつお願いします」


 慶志朗は、躊躇している祐雫が安心するように、

 別荘の中へ声をかける。



「はい、かしこまりました。坊ちゃま」


 すぐに屋内から女性の声が返って来た。


 慶志朗は、大丈夫だからという表情で、

 祐雫を手招きする。




この作品のキーワード
初恋  避暑地  御曹司  令嬢        和風  許婚  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。