慶志朗は、東野邸の別荘が近付いた所で立ち止まると、

 祐雫から手を離して、問いかけた。


「滞在は、いつまでですか」

 慶志朗は、できれば明日もお茶の時間に、

 祐雫を招待したいと考えていた。

 
「明日の午後には、お迎えが参ります」

 祐雫は、別れがたく、立ち止まって、

 慶志朗を瞳に焼き付けるように見上げる。


「じゃあ、これでお別れですね」


 慶志朗は、こころの中に小さな空洞ができたような気持ちになった。


「はい。

 嵩愿さま、本日は、素敵な時間を過ごさせていただきまして、

 ありがとうございました。

 とても楽しゅうございました」


 祐雫は、名残惜しく切ない気持ちで、慶志朗を見つめる。


 
『じゃあ、これでお別れですね』

 という慶志朗の言葉が胸に突き刺さっていた。




この作品のキーワード
初恋  避暑地  御曹司  令嬢        和風  許婚  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。