避暑地から帰って以来、

 部屋に閉じこもっている祐雫を心配して、

 祐雫の母・祐里(ゆうり)は、部屋の扉を叩いた。


「祐雫さん、ご機嫌いかがでございますの。

 お食事もほとんど召し上がってございませんし、

 おばあさまや紫乃さんまでが心配してございます」


 祐里は、窓辺の長椅子に凭(もた)れて、

 窓の外をぼんやり眺めている祐雫を気遣った。


「母上さま……

 祐雫は、何だかとてもおかしな気分でございます。

 何も手がつきません」


 祐雫は、避暑地から戻ってからというもの

 虚脱感に苛(さいな)まれていた。

 勉強しようと机に向かっても、全く文字が頭に入らず、

 微熱が出た時のように身体がだるく感じられた。

この作品のキーワード
初恋  避暑地  御曹司  令嬢        和風  許婚  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。