夏休みが終わる頃、


 祐雫は、本来の自分を取り戻していた。




 慶志朗のことは、こころの玉手箱の中にしっかりと収めていた。









この作品のキーワード
初恋  避暑地  御曹司  令嬢        和風  許婚  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。