「祐雫。おじいさまへの贈りものは買ったよ。

 次は、祐雫のドレスを受け取りに行くのでしょう」


 遠い彼方から、優祐の声が聞えて、

 祐雫は、ようやく我に返る。



 祐雫の初恋を祐里から聞いた祖母・薫子(かおるこ)は、

 祐雫が恋する年頃に成長したことを手放しで喜び、

 祖父・啓祐には内緒で、アトリエにドレスを注文していた。


「祐雫さん、

 おじいさまにお好きな方がいらっしゃることが知れますと、

 卒倒なさるやも知れません。

 おじいさまは、祐雫さんをいつまでも

 お手元にお置きになられるつもりでございますのよ。

 女性は恋をする毎に

 綺麗になるものでございますのに」


 祐雫をドレスの採寸へ連れ立った薫子は、

 採寸の様子を目を細めて、見つめながら囁いたのだった。



この作品のキーワード
初恋  避暑地  御曹司  令嬢        和風  許婚  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。