「こんにちは」

 森が開けたところに別荘があり、テラスから声が聞こえた。

 
 祐雫は、小路から外れて、別荘の敷地に入り込んでいたらしい。


 神の森の思い出に浸っていたので、

 神の声が聞こえてきたのかと驚いて、どきっとする。



「申し訳ない、

 突然声をかけて驚かせてしまったようですね」



 見上げた祐雫の瞳へ

 白いシャツに空色のカーディガンを肩にかけた

 青年の穏やかな笑顔が飛び込んできた。


 
 一瞬、夏空が祐雫の瞳に飛び込んできたかのようだった。






 

この作品のキーワード
初恋  避暑地  御曹司  令嬢        和風  許婚  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。