祐雫は、両手を合わせて、深々と頭を下げると、

 音楽会の許可を父・光祐から取りつけてもらうように優祐へ頼み込む。


 優祐は、夕食後に、光祐の書斎へ赴いた。


「父上さま、

 本日、偶然お会いした嵩愿慶志朗さまから、

 今週末に開催される音楽会の招待状を戴きましたので、

 祐雫と共に伺ってよろしいでしょうか」


 優祐の神妙な顔を見つめて、光祐は、静かに口を開く。


「優祐は、祐雫に付き合ってあげたいと思っているのだね」

 光祐は、率直な祐雫が自身の口からではなく、

 優祐を通していることに祐雫の乙女心を感じていた。


「父上さま、ご存知でしたか」


 優祐は、光祐の穏やかな声に安堵する。



「母上から話を聞いたけれど、

 最近の祐雫の立ち振る舞いを見ていると、

 恋をしているってことくらいは分かるよ。

 
 優祐は、どう思う。

 嵩愿家は、これから先、

 桜河電機のキーパーソンになる会社だと思っている。

 協調するのか、今まで通り平行線のままなのか先を見越して、

 お付き合いをしなければならない」

 
 光祐は、穏やかな表情の中に毅然とした態度を示した。

この作品のキーワード
初恋  避暑地  御曹司  令嬢        和風  許婚  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。