祐里は、麗しく成長して、

 桜川地方では、祐里の嫁入り先は何処……

 の話題で持ち切りになっていた。




 暖かな陽光を受けて、

 桜の蕾が膨らみかけた祐里十八歳の誕生日の午後。

  
 顧問弁護士から、亡くなった桜河濤子さまの遺言書が、

 旦那さまへ届けられた。











この作品のキーワード
  運命  セレブ  御曹司  独占欲  遺言  婚約  誘惑  和風  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。