光祐さまと祐里は、紫乃の焼いたマドレーヌを持って、

 東野邸へ森尾の車で向かった。


 森尾夫婦は、紫乃から祐里の縁談話を聞いて、祐里を元気づけようと

 車の後部座席に溢れんばかりの菜の花を飾って待ち構えた。


 祐里は、森尾夫婦の心遣いの菜の花の香りに包まれて、

 こころに春の陽射しが溢れる気分に浸る。


 東野邸では、伯母の紗代子(さよこ)が光祐さまと祐里を迎えた。

「光祐さん、いらっしゃいませ。ますますご立派になられましたね。

 祐里さん、いらっしゃいませ。この度は、大変でございますね」

 紗代子は、光り輝く好青年の光祐さまと、

 一歩後ろに立つ慎ましやかな祐里を見つめて相好を崩した。


 紗代子は、娘の萌(もえ)と同じ年でありながら、

 苦労して育っている祐里を不憫に思いつつも、

 清らかに成長する祐里に好感を抱(いだ)いている。

 
「こんにちは、伯母上さま。ご無沙汰でございました。

 この度は、母がお世話をおかけしております」

 光祐さまは、丁寧に頭を下げる。


「こんにちは、伯母上さま。

 ご心配をおかけして申し訳ございません。

 紫乃さんのマドレーヌでございます。

 どうぞ、みなさまでお召し上がりくださいませ」

 祐里は、お辞儀をすると、菓子箱を紗代子へ恭しく差し出しす。


「ありがとうございます。

 薫子さんがお待ちかねでございます。

 さぁ、こちらへどうぞ」

 光祐さまと祐里は、紗代子の案内で、明るい廊下を渡り、

 奥さまが娘時代を過ごした南側の薔薇園に面した部屋へ通された。


 廊下の窓からは、薔薇園の高貴な薔薇の香りがたち込めていたが、

 薔薇の香りを愛でる気分ではなかった。


 紗代子は、薫子の部屋の扉を叩いて、光祐と祐里を招き入れると、

 気を利かせて部屋を辞した。

この作品のキーワード
  運命  セレブ  御曹司  独占欲  遺言  婚約  誘惑  和風  純文学 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。