「スジュナちゃんが役者になれば、尚更。深く関わることは必然的だし、ふたりにはどうにか仲良くなってもらわなきゃって、皆言ってる」

だから皆合意の上で、スジュナちゃんの相手を決めたのに、と、彼女は深くため息をついた。


「…演技の試験の最後の項目に、ロゼがスジュナちゃんを抱きしめるシーンがあるの」


そのとき、スジュナの顔が一層曇った。

抱きしめる…か。

確かに直接的な触れ合いは、否が応でもお互いと向き合わなくてはならなくなる。

それが出来るか出来ないかで、ふたりの仲を判断しても良いくらいだろう。


「…けどこの前、試しにふたりで練習したとき……」

ちら、とクランがスジュナを横目に見た。

スジュナの片手には強くフォークが握り締められ、顔は何かに耐えるような、固い表情をしている。

太陽のような笑顔が印象的だった少女は、小さく口を開いた。


「…ドンって、されたの」


「……………」

私とルトは、静かに言葉を失う。

…『ドンって、された』。

それは擬音だけの表現だったが、大体の想像はついた。



この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。