『その頃は、自分の髪が嫌で仕方なかった。けど、団員を集めに孤児院を訪れた父が、私を人目見て言ったのよ。この子を引き取るって』

思い出を懐かしむように、目を細める。

ジェイドは、黙って聞いていた。


『なぜと訊いたら、その髪の色だって。綺麗だと言われたけど、なんだか納得いかなかった。そりゃあ、この髪が自慢だったら、誇らしく思うだろうけどね』

…嫌いな髪を褒められても、嬉しくない。

私も、そうだ。

『それで、訊かれたのよ。その髪は生まれつきか?って。母譲りだと答えたら、そりゃあいいって言って笑われたわ』

くすくすと、クランは笑う。

そして、身の上を話してくれた。


クランが生まれたときから父はおらず、母が一生懸命育ててくれたこと。

けれどその母も他界して、六歳のとき孤児院に行ったこと。


『団長はね、言ったのよ。母譲りなら、誇らしく思いなさいって。その色は、お前の母の形見だろうって』


…形見。

私の髪は、両親からもらったものではないけれど。

目の色は、母からだ。

橙の、この瞳。

…母の形見、か。



この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。