その子は、君の幼いころによく似ていてね。

その子は僕の、『娘』になった。

その意味、わかるかい?

僕が父なら、君が母ってことだ。

スジュナには、君の写真を見せているけれど。

本当は会って、君がスジュナを抱きしめてあげてほしい。

もう叶わないことだけど、僕はいつもそう思っているよ。


スジュナは君と違って、明るいんだよ。

いつも元気でね、本ばかり読んでいた君と、性格は似なかったようだ。

僕はいつも、スジュナに元気をもらってる。

君はいつも、病床で僕の心配をしていたね。

『私がいなくなったら、ラサバは今よりもっと情けなくなっちゃうかもしれない』って。

僕はそのとき、『いなくなるなんて言うな』って強がったけど、本当は怖くて仕方なかったんだ。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。