「単刀直入に言います。セルシア様と会ってください」


バン、と、ルトが黒塗りの上等な机を叩いて、そう言った。

彼の視線の先にいるのは、机に肘をついて不機嫌を露わにする、ロディー。

彼は黒い瞳を面倒そうに上へ向けると、小さく口を開いた。


「嫌だ」


……相変わらずの簡潔な答えに、隣でルトが眉を引きつらせた。


ここは、コンラート家の邸の一部屋である。

そこで私とルトは、この家の長男で跡継ぎであるロディー・コンラートと、話をしているのだが。

正午にこの邸を訪れたはずなのに、もう外は暗くなり始めていた。

いちばんの理由としては、ロディーの執務が滞っているとかで、数時間別部屋に待たされてしまったことだ。

しかし、やっとロディーの私室に通され話が出来ると思えば、彼は私達の顔を見るなり不機嫌になってしまって。

理由は、簡単だ。

『セルシアのことを、思い出してしまうから』。


「…ったく…拗ねてる場合かよ。結婚が早まったんですよ?それも二週間後。今すぐにでも会いに行かないと」


ロディーのあまりに素っ気ない態度に気を悪くしたのか、ルトは苛々している。

…まあ、仕方がないだろう。

私達がこの部屋へ入ったときにはもう、ロディーは既に機嫌を損ねていた。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。