「オラ、大人しくしてろよ」


パラベの村から少し離れた場所に、彼らの住み処はあった。

森のなかに建てられた古びた民家で、二階建てとなっている。

二階のいちばん奥の部屋へ、私とネオとタツビは放り込まれた。

後ろに手首を縛られ、抵抗できないまま床に叩きつけられる。

バタンと扉が閉められ、鍵がかけられた。


「…うっ、うわぁぁん、母様ぁぁ……」


声を上げて、ネオが泣く。

泣くのを堪えているのか、タツビはギュッと唇を噛んで、俯いていた。

私は静かに上体を起こし、部屋のなかを見渡す。


……私達のすぐ真上に、大窓がひとつ。

外は、まだ暗い。

ここはどうやら荷物置き場のようで、運搬用の木箱がたくさん置かれていた。

「…………」

…やりようも、あるかもしれない。

私はチラリと、横のふたりを見た。


「……ネオ、タツビくん」


呼ぶと、タツビは顔を上げ、ネオは泣くのをやめた。

ふたつの視線がこちらへ向かってきたのがわかると、私は口を開いた。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。