翌日の朝は、なんとも目覚めが悪かった。


起きてみれば、やはり彼の姿はどこにもなく。

さらに、昨夜はなかなか寝付けず、睡眠が足りていない。


「……………はぁ」


思わず、ベッドの上でため息をつく。


…言うつもりは、なかった。


なんて。

…もう遅い。

吐き出してしまった本音は、もうどうしようもない。

…どう、思っただろうか。

ルトは、私の不安を聞いて、どう思っただろうか。

彼はそれでも『離さない』と言ってくれた。

優しい彼は、それでも私に言葉をくれた。


…悲しげな、顔をして。


もう、こんなことにはならないように、と思っていたのに。

ルトは一度機嫌を損ねると、かなり面倒だということは、前回学んでいる。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。