「えっ………?」

「行く?もっかい、ラサバさんとこ」


その瞳はどうやら冗談ではないようで、私の返事を待っていた。

「…い、行けるの…?」

「んー、ちょっと時間はかかるかもしれないけど。会いたいんだろ?」

俺もだから、と笑う。

…嘘。

また、会える……?


「…い、行きたい」


素直にそう言うと、ルトは「決まりだな」と楽しそうに言った。


「せっかくだし、全部行こうか。ミューザと、ディアフィーネも」


…また、たくさんのひとたちに会えるのだ。

もう、二度と会うことはないだろうと思いながら、別れを告げた人々に。


「…うん」

お互いの手を、握りしめる。


この作品のキーワード
番外編  続編  ペルダイン  異世界  ファンタジー  奴隷 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。