私と波留はゆっくりと歩き出した。



駅を出ると、

車道はなく、木に包まれている道がある。


私たちは、その道を歩いた。
ゆっくりと。



「ねぇ、波留。
春になったら、またこの道、桜で満開だね。」



「ん…、そうだな。」



波留は私の目を見ない。


ただ、前を向いている。


そのとき、前から風が吹いたから、

波留の染めたての茶髪がきれいになびいた。


あまりに、それが綺麗だから波留の髪を撫でたいとか思ったけど、


波留と私の身長差は頭一個分くらい差があるから、
波留がしゃがまない限りそれは無理だ。


だから私は諦めて、かわりに誉めることにした。


「波留。茶髪似合うね。」



「どうも。桜は染めないの?」



「うーん…、まだいいや。

そういえば波留は高1のときから染めたいって言ってたね。」



「ん…、そうだったな。」