その中心では、大倉が楽しげに笑ってい
る。私は思わず、目も合ってないのに顔
を逸らした。



「綺羅ちゃんって意地悪だよね」


「そう?だってあんた、二年生になって
から目に見えて大倉避けてるじゃん」



……そうなのです。



何故か、クラス替えで大倉とも一緒にな
ってしまった私。



あのキス以来、気まずすぎて話せなくて
、どうしても避けてしまう。



こんなんじゃ駄目だって、わかってはい
るんだけど、ね?



ちょっとだけショボくれた私に、綺羅ち
ゃんはため息をついた。



「……心優、いい加減、大倉と話してあ
げたらどうなの?見てて可哀想」


「え?」


「心優、まさか気付いてないの?あんた
に避けられて、大倉、すっごい落ち込ん
でるんだよ」



綺羅ちゃんにそう言われ、もう一度窓際
に目を映すも、映るのは、笑顔の大倉。



あれで、落ち込んでるの?