優真くんは本当に疲れていたみたいで…

夜ご飯の直前まで寝ていた。



私は膝枕をずっとしてあげたい気持ちは山々だったが…そういうわけにはいかず、クッション枕にして寝ていた。




1人で黙々と家事をしているのは寂しい。


いつもの事だけど、

目の前に優真くんがいると構ってほしくなる。





結局は私が起こして…起きた。




『寝れた?』

「眠い」



…え?答えになってないけど。

でも許してあげよう。



『ご飯食べる?』





この作品のキーワード
芸能人  歌手  一般人  恋愛  結婚  子ども  妊娠  出産  友達  幸せ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。