彼女に会えなかった1週間…



何度…彼女にメールを送信しようか悩んだ。


「…付き合うコトになった・・・」



「へぇ~っ」


彼女のアパートの住所を訊いて、熱を出した娘の理沙ちゃんの見舞い品としてリンゴを届けようとしたが…今日はダメだと断られてしまった。




「その隣に置いている袋は何だ?」


隆は空いたスツールに置いたリンゴの入った紙袋を見つける。




「彼女の娘の理沙ちゃんに届けようと買ったリンゴだ」



「リンゴ?」



「ああ~っ。リンゴをすりおろして食べたら…どんな万病にも効くだろ??」



「娘に気に入られたいってコトは…結婚を考えてるのか?」



この作品のキーワード
再婚  イケメン  上司  すれ違い  DV  純愛    実話  藤ヶ谷家 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。