私は校門のインターホンを鳴らす。



熱のある理沙を病院に連れて行って…アパートに戻った。



周辺は新興住宅地で新築の一軒家が立ち並ぶ。私たちの住む古めかしいアパートは余計に古さを強調された。



理沙の熱も病院で貰った薬が効いて…少しだけ下がった。



私はキッチンに立って、夕食にと喉が痛い理沙の為に、喉腰のいい冷麦を茹でる。













この作品のキーワード
再婚  イケメン  上司  すれ違い  DV  純愛    実話  藤ヶ谷家 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。