青い空。
まぶしい光。


午前7時50分。


よく晴れた月曜日の朝。

私はいつものように、事務所へと続く下町の商店街を歩いていた。

サワサワサワ。

街路樹が、みずみずしい新緑をたくわえて
初夏の風に揺れている。

(んー…)

深く息を吸い込むと、爽やかな緑の香りが体の中を満たしてくれた。


「詩織ちゃん、おはよう!」


日の出ベーカリーのおばちゃんが、店先に打ち水をしながら声をかけてくれる。


「おばちゃん、おはよう。いい天気だね。」


なかよしのおばちゃんに手を振り、挨拶をかわす。
ここのメロンパンが私のお気に入り。


「詩織ちゃんおはよう~。ハネもんだけど、苺あげるから後でおいで。」


今度はのんびりとした口調で吉田青果店のおじちゃんが。
ここのおじちゃんは気前がいい。


「いいの?じゃあ後で来るねー。」



そば屋、うなぎ屋、お豆腐屋。
八百屋、電気屋、整骨院。


昭和の大衆映画に出てきそうなレトロな通りは、朝から活気にあふれている。

店先から飛んでくるおじちゃん、おばちゃん達の声に挨拶を返しながら歩き続ける事10分、
花屋の向かいに建つ古びた雑居ビルに到着した。


『よつばビル』


ここに私の働く事務所がある。

狭い階段を上がり、一番手前のドアに鍵を差し込みカチャリとまわす。


まっ先にブラインドを上げて全ての窓を開け放つと、明るい光と新鮮な空気が流れ込んできた。



午前8時00分。



『剣淵光太郎法律事務所』の一日が始まる。

 

この作品のキーワード
オフィスラブ  年の差  弁護士  ほのぼの  じれじれ  すれ違い  年上  切ない