嫉妬深げな専務の態度を見ていると、秦多にプロポーズされたとは言えなかった。



付き合いを申し込まれたレベルに落として説明した。



そして、自分は誰とも付き合ったコトがないと告白。


それは事実なんだけど…誰にも言いたくない私だけの秘密だった。



でも、専務は経験豊富だし、いずれ分かるだろうと思って先に話した。



ドン引きされるどころか…専務は益々…私に惚れた?



 
一人で嬉しそうに笑う。


私は奇妙なスイッチを押してしまったようだーーー・・・



専務はキスもそれ以上もすべて初めての私をあっさりと受け入れる。


でも、実はキスは初めてじゃない。



秦多に一度…奪われていた。それは今…専務…克己に告げる事実じゃないと思い内緒にした。

この作品のキーワード
イケメン  御曹司  逆ハーレム  上司  ギャップ  専務  独占欲  アイドル  社内恋愛  同居 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。