___________


______



俺はコーヒーのおかわりを入れようとキッチンに向かった。


「!!?」


ソファーに転がり眠る蘭莉を発見!!?



「お、お前っ!!?」


彼女は起こしたくても寝息を立て…深い眠りについていた。



男の部屋に泊まって余りにも無防備な彼女に盛大なため息が漏れる。



俺は眠る彼女をお姫様抱っこしてゲストルームに運ぶ。



まさか、こんな時間に肉体労働をするとは想定外だ。







この作品のキーワード
イケメン  御曹司  逆ハーレム  上司  ギャップ  専務  独占欲  アイドル  社内恋愛  同居 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。