こんなに正反対なのに…、


何がどうなってこうなったのか…。



それは私たちが高校1年生になったばかりのとき。



建と私はクラスは違ったけど、たまたま同じ委員会になって、


建が声をかけてくれて、


なん月かして、告白された。


一度断ったけど、それでも引き下がらなかった建に私は負けて、


今こうして付き合っているところにいたる。




最初もイヌみたいに私につきまとってきた建だけど…。


「ねーっ、美衣っ、好きだってばーっ!」



今は、


「ほっっんと、忠犬…。」








この作品のキーワード
いちゃらぶ  甘久  溺愛  高校生  イケメン  ドキドキ    カップル  美少女  独占欲