それから、次の日…。



私は建と一緒に学校に登校した。


建とは毎日登下校するのは日課のようになっている。


まあ、建がそう望んだんだけどね。



私たちは自分のクラスの前まで来て、
ガラリとドアを開けた。



「おっ、建じゃん!おはよーっす!」


「毎日一緒にいて、早乙女さんもあきないねーっ」


「ひゅーひゅー!」



ドアを開けたとたん飛び交うクラスメートの声。


このやりとりは今に始まったことじゃないから、もう慣れっこだ。



つまり、私たちはクラス…、

いや、建は顔が広いから、
もしかしたら学校公認ってことになるのかな…。



そんなことを考えてる間に、私の後ろにいた建はするりと私の横を通り、

皆の輪に入ろうとしていた。



「おーいっ、おめーら冷やかすなよーっ!


じゃあ、美衣、また後でなっ。」




建はそういって皆の輪の中に入っていった。




「美衣っ!おーはよっ!」




この作品のキーワード
いちゃらぶ  甘久  溺愛  高校生  イケメン  ドキドキ    カップル  美少女  独占欲