キーチと別れて以来、私の心の中にはずっと雨が降っているようだった。




マサのプロポーズの返事にはかなり迷った。



私の心からまだキーチは消えていなかったし、


マサがこの雨から私を守る傘になるとは到底思えなかった。




けれどマサは私とお腹の子のことを真剣に考えてくれていて、


そのやさしさに触れると、


彼は私の傘にならなくとも、悲しみの雨を凌げる場所に連れてってくれるのではないかという気がしてきた。

この作品のキーワード
先生  妊娠  出産  三角関係 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。