卒業式まで残りわずかな時。



私は学校で先輩やあゆみって子にすれ違っても、見向きもしなくなった。



まるで空気みたいに見えない存在。



私ってホントバッカみたい。



涼晴先輩のこと好きなのに、先輩に酷いこと言ってしまった。



“先輩は何も分かってないくせに、私にだけそういう態度取らないでください。”



あの時メールで言ったこと。


私がちゃんと話せば良かったんだ。


でもあの流れで私の無実を証明するのは難しかったと思うけど、感情的になった私が悪い。


でも、時間を戻すことができない。


過去に戻りたいのに・・・。





この作品のキーワード
切ない  後悔  過去  初恋  俺様  先輩  中学生  ドキドキ  ラブコメ  ファンタジー