私は勇気を出して涼晴先輩に一通のメールを出した。



『こんばんは!!いきなりメールしてすみません。


一ノ宮 ありさです。



実は先輩にお話があるんですけれど…。




あ、あの。私、先輩のことが好きなんです。


いきなりメールして、いきなりこんなこと言ってすみません。



迷惑ですよね?



迷惑ならハッキリ振っちゃってください』



ちょっと一方的過ぎたかな・・・?



告る約束で柊斗に教えてもらった連絡先。



絶対振られるのに告れって、言った柊斗の気持ちって一体!?




―数分後、先輩からメールがきた。


「ごめん。まだ全然一ノ宮さんのことよく知らないから、


友達としてじゃダメかな?」


ほら、やっぱりフラれたー・・・。




でも、このメールを読んだ私はなんだかちょっとだけ嬉しかった。




いきなりメールして告白した人にこんな優しい答えを聞かせてくれて。




逆に私はもっと涼晴先輩のことが知りたくて、


もっと好きになってしまった…。







この作品のキーワード
切ない  後悔  過去  初恋  俺様  先輩  中学生  ドキドキ  ラブコメ  ファンタジー