「……は?」


「だからねっ、狼谷く……じゃなくて、星哉と付き合うことになったの!!」


「そ、そんなのありえねぇだろ。それに、お前ああいう不良は嫌いだろ?」


「嫌いっていうか怖いから苦手だったの。だけど、星哉は優しいし全然怖くないもん」


「……――はぁぁぁ?お前ら、マジで付き合い始めたの?」


学校に着いてすぐ愁太に昨日の出来事を報告すると、愁太は信じられないという表情を浮かべた。

この作品のキーワード
  胸キュン恋愛  ドキドキ恋愛  不良彼氏  同じ学校  高校生  ラブラブ  甘々  いちゃいちゃ  イケメン彼氏