平井は私が愛した男の中でも、かなり最低な部類だ。

「浮気しようなんて言ってくる男は最低やぞ!」

私に声を荒げて警告してくれる人もいた。

だけど、私は平井の口から出る台詞に酔わされたくて、彼のそばを離れようとしなかった。

平井は華のある男だった。

男女問わず、みんながみんな魅了された。

そんな平井の一番近くで、ゴロゴロと甘えて見せるのが好きだった。

実際、平井と過ごした時は3カ月にも満たなくて、浮気してたのがそのうち2カ月だったから、恋人だったのは1月くらい。

それでも、その経過が濃密で、忘れ難い記憶になっている。

平井は優しくて、愛情が深い。

とてもはっきりと愛情を表現してくれる。

付き合っていた当時、平井に聞いたことがあった。

「…ねぇ?10年後、って、どうしてると思う?」

「おまえが?」

「そう。」

平井はカラリと笑って見せて、はっきりと答えた。

「そりゃ、おまえ、俺と淡路で農業だろ。」

今でもはっきりと浮かんだビジョンを思い出せる。

こんなに未来をはっきりと描けたのは、生涯でこの時だけ。

青田と積乱雲。

隣で笑う平井は、日焼けしてて、私の鼻の頭の汗を拭う。

いいな、そんな未来…。

平井の実家は淡路島。

のびのびとした青春期を送り、高校から姫路で剣道一筋。

力強い腕っぷし。

見た目、喧嘩も強そうだ。

でも、私がいるときは、売られた喧嘩も一度も買わなかった。

私は悔しい思いをしたけど。

「お前おるからなぁ。」

と、涼しい顔でやり過ごす。

悔しいのに、そんな平井が大好きだと思った。

ありがとう。

人生で一番荒れた時代に、私を強い包容で励ましてくれた。

あの時の、平井の肩越しに見た星空。

今でも忘れられない。

駅につくと、平井が迎えに来て、待っててくれた。

堤防をバイクで二人乗りしたら、私の手が凍るように冷たくて、本気で焦ってたね。

雨の日は、コートの中にタオルを入れてきて、私をくるんでくれた。

大事そうに、抱き締めてから、ヘルメットを被せて

「ちょっと、がまんな。」

と言って部屋まで連れていってくれた。

お風呂が沸いていて、すぐに温まれるようになっていた。

私は、そんな平井に甘えることしかできなくて、結果ふられたんだけど、ほんとに感謝してる。

ありがとう。