九日目の朝、「昨日」と何も変わらない朝。


高広は、私が死んだ後、どこまで調べる事ができたのか。


そして、死ぬ瞬間に見たあの光景。


泰蔵に取り憑かれているはずの健司まで、振り返ったら「赤い人」に殺された。


これは、一体どういう事なのだろう。


泰蔵は、「小野山美子」の「呪い」とは関係がないという事なのかな?


私が考えたところで答えなんて出ないよね。


やっぱり、考える事は翔太に任せよう。


たぶん、答えは私と同じだと思うけれど、皆にも教えておけば役に立つかもしれないから。


「タイちゃんか……」


高広からは詳しい話が聞けなかったけど、弟である雄蔵に殺された泰蔵。


皆笑顔で、仲良く見えたあの写真からは、想像もできない。


一体、何を知ることができたのか。


どんな理由であっても、悲しい事件だという事はわかる。


そして、それはきっと私にはわからない理由なのだろう。


ゆっくりと体を起こして、光が射している窓を見つめながら、私は深い溜め息をついた。


「もう九日目……」


そう呟いて、学校に行く準備を始めた。


今日も、きっと高広が早くに迎えにくるはず。


それがわかっているから、私は準備を早くに済ませて、玄関の前で待っていた。

この作品のキーワード
ホラー  赤い人  高校生  恋愛  学校  呪い  切ない  恐怖    泣ける 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。