私は昨日、また死んだ。


人生で二度も死ぬなんて、そう経験できる事じゃない。


しかも、私はまだ生きている。


この先、いずれまた死が訪れるのだ。


身体が冷たくなるとか、意識が遠のくとか、私にはそんな感覚は無かった。


頭を潰されて、何も考える間もなく死んだから。


そんな事を考えながら、ゆっくりと目を開けると……いつもと変わらない、自分の部屋の天井が見える。


身体を起こして、机に歩み寄り、充電器に置かれた携帯電話を確認した。






「11月9日……また『昨日』が始まるのか……」







もう……嫌だ。


このまま登校して、猫が車にひかれるのを見て、昼休みに遥に「カラダ探し」を頼まれて、0時になったら、夜の学校に呼ばれる。


「カラダ探し」が終わらない限り、私達には永遠に「昨日」が繰り返される。


こんな事なら、学校になんて行きたくない。


でも、翔太の事が許せない。


学校に行って、一発殴ってやらないと気が済まない。


私は学校へ行く準備をして、いつもの時間に家を出た。


顔に、縦に入ったアザを触りながら。


家を出て、登校中に理恵と合流したけれど、私達は何も話さなかった。

この作品のキーワード
ホラー  赤い人  高校生  恋愛  学校  呪い  切ない  恐怖    泣ける 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。