私リンゴとミカンが母みゆきのお腹から取り出されたあと、母は眠ってしまったわ。


目が覚めると、父貴久とおばあちゃんがいた。
母みゆきは、怖くて自分から赤ちゃんのことを聞けなかったみたい。


「女の子だったよ。可愛いよ。今は保育器の中にいる」


とおばあちゃんが言った。


ーふたりとも無事だった?ー


母みゆきはその言葉も出せなかった。
父とおばあちゃんが帰ってから、ひとりでいろいろと考えていたのよ。


ーミカンは大丈夫だったのかしら。可愛い女の子だと言ってたけど、二人ともとは言わなかったよね。保育器にいるから会えない。リンゴもほんとに無事だったのかな。ふたりの泣き声を聞いてないんだけどー


はっきりとしたことを聞けずにいたので、母みゆきは不安と心配ばかりになってしまったんだよね。


この作品のキーワード
実話  車椅子    家族  病気  衝撃    障害  出産  子供 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。