夢の中で、私は温かい大きな手と右手を繋いで歩いていた。

 雲の中のようだった。ふわふわして、白い世界だ。私は何が嬉しいのか、ひたすら機嫌良くニコニコしていた。

 こんな光景がいつまでも続けばいいなあ、そう思って笑ったら、その自分の笑い声で目が覚めた。

 見上げる高い天井には覚えがない。

 でも隣に誰かの気配を感じて見てみると、ぐっすりと眠る夕波店長の姿があった。

「・・・・あ」

 小声が出た。嬉しくて、つい、だ。

 思い出した。

 大学の校門そばで待ち伏せをくらって、茂みの後ろでゴニョゴニョになって、それからホテルに連れ込まれた(と言っていいと思う)のだった。

 それから結局話はほんの3分ほどだけで、店長が私を強引にピンクの世界に連れて行ってしまったのだった。

 一応確認と思って布団の下の両足に力を入れてみたけど、だるいだけでちーっとも動かず、全く意味がない物体になってしまっている。

 ・・・・そりゃあそうだよね。あれだけのことした後で・・・。


 私は店長に会ってから、そして抱かれるようになってから、えらく女体の神秘なるものを体験したものだ。

 もうあちらを弄られたら星が飛ぶとか、こちらを撫でられたら花火が上がるとか、アレとコレを同時にされたら理性が破壊されるとか、そんな知らなかったことまで知ってしまった。

 私にはよく判らないけれど、店長が喜んで色々したがるのだ。これだけ体の相性がぴったりなんだから、もっとシカを開発しよう!とか言って。